東京禅センター

オンライン講演会【松山さんが聞く10のこと】

オンライン講演会【松山さんが聞く10のこと】

妙心寺塔頭退蔵院副住職 松山大耕師にインタビュアーをお願いし、テーマはありつつながらの 自由対談を展開していただきます。第二回は小堀宗翔さんをお迎えして、宗家に生まれ育つということ、ラクロス日本代表の経験を通して見えた茶道のことなど伺います。予定質問だけにとらわれない展開も、どうぞご期待ください。

 

[インタビュアー]
松山大耕 (妙心寺塔頭 退蔵院副住職) 
1978年京都市生まれ。2003年東京大学大学院 農学生命科学研究科修了。埼玉県新座市・平林 寺にて3年半の修行生活を送った後、2007年より退蔵院副住職。外国人に禅体験を紹介するツアー を企画、外国人記者クラブや各国大使館で講演を多数行うなど、日本文化の発信・交流が高く評価さ れ、2009年5月、観光庁 Visit Japan 大使に任命される。また、2011年より京都市「京都観光 おもてなし大使」。2016年『日経ビジネス』誌の「次代を創る100人」に選出され、同年より 「日米リーダーシッププログラム」フェローに就任。京都造形芸術大学客員教授、 2018年より米・スタンフォード大客員講師。

 

[ゲスト]
小堀宗翔氏(遠州茶道宗家13 世家元次女。元ラクロス日本代表。現在は社会人クラブチームMISTRAL に所属。)
家元の元で修行後、茶道の普及に努めながらラクロスの現役選手としても活躍。
スポーツと文化の融合・発展、アスリートに向けたアスリート茶会など新たな試みで注目を集めている若手アスリート茶人。
 
[日 時]:令和3年5月26日(水)19:00より60分程度 Zoom上において
[参加費]:1,000円

[予 約]:予約時に参加費のクレジット決済が必要です。

ページの先頭へ