体験

禅体験

「門より入るものは、家珍にあらず」

外から入ってくるものは、どれだけ高価な物であろうと決して家宝となるものではない。

 

「禅」とは心の別名であるように、外に答えを求めることなく内なる清浄の心に気付くことが第一義です。だからこそ、頭でっかちになり固定概念に囚われないように、先ずは自ら体験することが大切です。「坐禅」「写経」「法話」など五体五感を使い禅の世界を味わってみませんか?

 

坐禅

写経

法話を聴く

御詠歌

研修会

ページの先頭へ