東京禅センター

東京禅センタースケジュール


花まつり

お釈迦様のお誕生を祝して、法要を営み、法話を披露いたします。

法要の内容・意味について丁寧なご説明を申し上げたのちに法要に参列していただきます。

僧侶が香を焚き、五体投地をして、堂内を廻りながら読経いたします。

是非、ご参加ください。

 

日 時:令和6年4月7日(日)14:00〜16:00(13:30開場)

会 場:天龍院本堂(台東区谷中4−4−33)

参加費:2000円

花園大学サテライトZEN講座

「禅とは心の名なり」といわれる、その心とは多様化する昨今の価値観に左右されることのない不動心のことです。

この不動心とは微動だにしない心ではなく、どこにも留まらない「決めつけ」のない柔軟な心を指します。この不動心が仏法の大安心へと誘います。

本講座では、仏法での大安心を大勢の方々に気づいていただくために、大学や寺院という場所を離れて禅を発信します。

 

定 員  80名

 

日 時  令和6年1月27日/2月17日/3月16日

     第1部(80分)13時40分~15時00分

     第2部(80分)15時10分~16時30分

 

講 師  令和6年1月27日

     第1部 柳幹康氏 「禅僧の言葉に見る仏の心」

     第2部 横田南嶺老師 「公案禅の功過」

 

     令和6年2月17日

     第1部 飯島孝良氏 「一休の像でたどる日本禅文化史~その文学と美術を読む~」

     第2部 秦美香子氏 「ムーミン一家は「家族」なのか?--多様なものたちの共生に注目する」

 

     令和6年3月16日

     第1部 小川隆氏 「柏樹子の歴史――禅の問答を読む」

     第2部 佐々木閑氏 「未来社会における仏教の役割」

 

受講料  1回2講座3,000円

 

会 場  日本経済新聞社 東京本社ビル 2階 SPACE NIO(スペースニオ)

     東京都千代田区大手町1丁目3番7号 

 

主 催  花園大学 日本経済新聞社

共 催  花園大学国際禅学研究所/禅文化研究所/東京禅センター/妙心寺派教化センター


動画で禅センター

初めての仏像第一話「釈迦如来」

「釈迦如来」 都内最古級の木彫仏、勝林寺釈迦如来像。あどけないお姿と、お釈迦様の手の意味、平安時代初期の特徴を挙げながらお話します。 
 

イラスト 伊野孝行さん

題字   彦坂裕貴さん

「動画で禅センター」は過去に行われた講演会などの企画を動画で配信していきます。外出が難しい日々が続いていますが、ぜひ動画を通じて禅に触れてもらえればと思います。

臨済録を読む会

臨済宗では、臨済禅師・白隠禅師遠諱記念事業の一環として、円覚寺派管長・横田南嶺老大師猊下を発起人とし、宗門内を対象に、「『臨済録』を読む会」を開催しております。
明治期の「臨済大教校」ゆかりの湯島麟祥院を会所とし、また講師には日本の仏教学者(中国禅)であり、古典中国文学研究者でもある駒澤大学の小川隆教授をお招きして、『宗門武庫』の講義を催します。
皆様のご参加をお待ちいたしております。

予約不要

 

日 程

3月4日(月)

4月8日(月)
5月13日(月)
6月17日(月)

時 間

午後 3:00~5:30

講 師

午後3時~4時『華厳五教章』講師:竹村牧男先生
午後4時~5時半『宗門武庫』講師:小川隆先生

会 場 麟祥院
文京区湯島4-1-8
交通手段 東京メトロ丸の内線本郷三丁目より徒歩7分
東京メトロ日比谷線湯島駅より徒歩7分
テキスト 『漢辞海』三省堂

※本講座は臨済宗の僧籍を持つ方対象の講座になっております。一般の方の参加はご遠慮頂いております。

坐禅会再開のお知らせ

新型コロナウィルス感染症予防のため、休会していた坐禅体験を再開することになりました。感染予防のため、少人数開催と完全予約制とさせていただきます。詳しい日程等は下記のカレンダー、もしくは各坐禅体験のページからご確認ください。

下記のスケジュールから参加希望の日にちをクリックし、オンライン坐禅会にご参加ください。

住職講座「葬儀、法要をどう説くか」

本講座は寺院向けの講座になっております。一般の方のご参加はご遠慮願います。

『正法輪』に掲載された「葬儀、法要をどう説くか」について、執筆した教学研究委員会による臨済宗・黄檗宗の僧侶に向けた講演です。

※妙心寺派布教師会所属の方は、妙心寺派布教師会を通じてお申し込みください。

※第1回から第4回の動画視聴をご希望の方は、禅センターまでお問い合わせください。

臨済宗青年僧の会 インターネット坐禅会のお知らせ

臨済宗青年僧の会の紹介

臨済宗青年僧の会は昭和55年1月に「青年僧よ立ち上がれ、歩め」をスローガンに掲げ発足した全国組織です。

臨済禅の宗旨に基づく自己研鑽の場とし、和合を以て資質向上を図ることを目的としています。

活動としては、情報発信として、機関紙『不二』で全国の僧堂老師や地域で活躍する和尚などをご紹介し、情報交換と自己研鑽の場として講座住職学を開催しています。

 

臨青僧がインターネット上にzoom(いつでも、どこでも、どんな端末からでも Web会議を実現するアプリ)を用いて坐禅の会場を作り、管理しています。

この会場で、多くの和尚様が直日として坐禅会を開催し、一般の参加者が集まって坐禅されています。

↓↓ 臨済宗青年僧の会 HPよりアクセスしてください ↓↓

ページの先頭へ