東京禅センター

オンライン講演会【松山さんが聞く10のこと】

「松山さんがきく10のこと」の第3回は近衞忠 大氏と塩津圭介氏をお迎えします。日本文化の根 底に関わる方たちに、日本文化の変わりゆくもの ・変えてはいけないものなどについてインタビュ ーを展開していただきます。今回は、松山さんの 自坊 退蔵院よりお土産を参加者のご自宅にお届 けいたします。ぜひ、お申し込み下さい。 

 

[インタビュアー]
松山大耕 (妙心寺塔頭 退蔵院副住職) 
1978年京都市生まれ。2003年東京大学大学院 農学生命科学研究科修了。埼玉県新座市・平林 寺にて3年半の修行生活を送った後、2007年より退蔵院副住職。外国人に禅体験を紹介するツアー を企画、外国人記者クラブや各国大使館で講演を多数行うなど、日本文化の発信・交流が高く評価さ れ、2009年5月、観光庁 Visit Japan 大使に任命される。また、2011年より京都市「京都観光 おもてなし大使」。2016年『日経ビジネス』誌の「次代を創る100人」に選出され、同年より 「日米リーダーシッププログラム」フェローに就任。京都造形芸術大学客員教授、 2018年より米・スタンフォード大客員講師。

 

[ゲスト]

塩津 圭介氏

能楽師(喜多流シテ方)。 喜多流能楽師 塩津哲夫の長男。 APU アジア太平洋立命館大学 非常勤講師を務めるなど、 能の啓蒙に努めている。

 

近衞 忠大氏

五摂家 近衞家当主嫡男。宮内庁式部職として 宮中歌会始にて講師 ( こうじ ) を務める。

NHK で映像ディレクターを務め、 退職後はミラノ国際博覧会「ジャパンサローネ」 クリエイティブ・ディレクターを務め、NHK ドキュメンタリー「近衞家の太平洋戦争」 を取材寄稿するなど、多方面で活躍。

[日 時]:令和3年9月28日(水)20:00より60分程度 Zoom上において

[参加費]:1,000円

[予  約]:予約時に参加費のクレジット決済が必要です。

京都 退蔵院オンライン寺ツアー

禅センターでは普段は拝観ができない場所や、外から拝観しただけではわからない魅力を、オンライン寺ツアーとして発信していくことになりました。ご住職にもご登場いただき、お寺の歴史や禅の話を伺おうと考えています。

松山大耕師のご案内にて京都妙心寺塔頭 退蔵院をオンラインで拝観いたします。 臨済禅の大本山を形づくる塔頭の 静謐な空気を味わうことができます。 お申込み頂いた方には、 退蔵院のお土産をご自宅に郵送致します 。

 

[日 時]:令和3年10月24日(日)15:00より75分程度

[参加費]:1,500円

[予 約]:予約時に参加費のクレジット決済が必要です。

 

お申し込みいただいた方にはお土産も郵送させていただきます。是非ご参加ください。

動画で禅センター

「動画で禅センター」は過去に行われた講演会などの企画を動画で配信していきます。外出が難しい日々が続いていますが、ぜひ動画を通じて禅に触れてもらえればと思います。

「没蹤跡」

関山慧玄禅師は、他の高僧と呼ばれる方々と違い、伝記や語録などをほとんど残しませんでした。そのことから題の禅語「没蹤跡」の禅者と云われます。「没蹤跡」とは跡形がないという意です。今回は「没蹤跡」についてお話いたします。


東京禅センター新企画



今月の法話


東京禅センターオンライン坐禅会スケジュール

下記のスケジュールから参加希望の日にちをクリックし、オンライン坐禅会にご参加ください。

臨済宗青年僧の会 インターネット坐禅会のお知らせ

臨済宗青年僧の会の紹介

臨済宗青年僧の会は昭和55年1月に「青年僧よ立ち上がれ、歩め」をスローガンに掲げ発足した全国組織です。

臨済禅の宗旨に基づく自己研鑽の場とし、和合を以て資質向上を図ることを目的としています。

活動としては、情報発信として、機関紙『不二』で全国の僧堂老師や地域で活躍する和尚などをご紹介し、情報交換と自己研鑽の場として講座住職学を開催しています。

 

臨青僧がインターネット上にzoom(いつでも、どこでも、どんな端末からでも Web会議を実現するアプリ)を用いて坐禅の会場を作り、管理しています。

この会場で、多くの和尚様が直日として坐禅会を開催し、一般の参加者が集まって坐禅されています。

↓↓ 臨済宗青年僧の会 HPよりアクセスしてください ↓↓

坐禅体験!!

ZEN Café

写経体験!!

ダンマトーク(法話会)




東京禅センターからのお知らせ

東京禅センタースケジュール

ページの先頭へ