興祖微妙大師六百五十年遠諱大法会

令和8年4月1日~令和9年3月31日

正当法要 令和9年3月27日 宿忌  令和9年3月28日 献粥 半斎

 

遠諱大法会おんきだいほうえとは

「遠諱」とは寂後、五十年に一度、祖師方や故人の遺徳を偲ぶ節目を言います。ご功績を顕彰し御恩に感謝して大法会(法要)を執り行います。

今回厳修いたしますご遠諱は、妙心寺第二世の興祖微妙大師がご遷化されてから六百五十年目の法要になります。

ページの先頭へ