禅の教え

妙心寺について

正法山妙心寺は臨済宗妙心寺派の大本山です。

インドの達磨大師さまから中国の臨済禅師さまを経て、妙心寺開山無相大師さまへと受け嗣がれてきた一流の禅を宗旨・教義としています。


1337年、95代の花園法皇さまの勅願によって創建された妙心寺の開山、無相大師さまの法流は四派に分かれ、全国3400ヵ寺に広がっています。


お釈迦さまを大恩教主と尊崇し、その教えを心にいただく禅の安心を求めます。


開山無相大師さまの最期の教え「請う、其の本を務めよ」と開基花園法皇さまの「報恩謝徳」の聖旨による仏法興隆を実践します。


自身仏を信じて坐禅に励み、足下を照顧しながら生かされている自分を感謝して、社会を心の花園と念じ和やかな人生を目指します。


妙心寺派の教え

生活信条

 一日一度は静かに坐って 身と呼吸と心を調えましょう
 人間の尊さにめざめ 自分の生活も他人の生活も大切にしましょう
 生かされている自分を感謝し 報恩の行を積みましょう

 

信心のことば

 わが身をこのまま空なりと観じて、静かに坐りましょう
 衆生は本来仏なりと信じて、拝んでゆきましょう
 社会を心の花園と念じて、和やかに生きましょう


妙心寺派管長よりご挨拶

ogura_kantyo2.gif

 

 

 この度、妙心寺派管長を拝命致しました小倉宗俊でございます。

 皆様方のご厚情を賜りこの大事を果たせますよう精進努力いたす覚悟でございます。

 私は京都東福寺門前の花屋の長男として生を受けました、山内の慧日幼稚園に通い、毎月十四日と月末には母に連れられ専門道場に花を活けに伺いました、そこで雲水さん達の凛とした立ち振る舞いに触れ何か違うものをおさな心に感じたように思います。その雲水さんを指導しておられたのが、管長を勤めておられた松蔭軒林惠鏡老大師でありました、後で伺いましたのですが、その御指導はとてもとても厳しいものであったようです。しかし、私には大変やさしい方という思い出しかありません、ある日、開山堂前の池に落ちまして雲水さん達に助けられてその後べそをかいていた時、管長さんからニコニコした笑顔と共に御菓子を頂戴しました、その時、お声も、お顔も、お姿も、まるーいお方だなあーと何となく思えました。

 幼い頃にこの様な有難いご縁を戴いたことが、お坊さんの道を歩むことができた第一歩かと感謝しております。

 それ以降もおかげさまで多くのご縁に恵まれてまいりました、これからも皆様方と深いご縁むすばさせていただきその有難さをもとに少しでもまるーいお坊さんに成れるように勤めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

平成30年4月1日

妙心寺派管長 玄々庵 小倉宗俊 合掌


妙心寺の教えに触れてみませんか?

ページの先頭へ