妙心寺について

平成28年 熊本地震による被害状況ですが、現在連絡室が把握している状況は以下の通りです。

4月16日(土)

台 81 見性寺 (AM10時)
本堂の壁にヒビがはいってる。水道・ガスがトップしている。電気は大丈夫。
周辺のコンビニが品薄。

台 82 法成寺 (AM10時)
仏像が倒れた。

台 148 寳福寺
周辺は被害が軽微とのこと。

台 167 見星寺 (AM11時 35 分)
現在のところ大分臼杵では被害なし。

台 158 碧雲寺 (AM11時 40 分)
現在のところ被害なし。

九州西教区宗務所 (PM12時 40 分)
九州西教区宗務所長池上師が水と食料品を購入し、台番 81 見性寺と台番 82 法成寺へ向かう。


4月17日(日)

台 206 佛山寺(4/17AM)
本堂の壁が崩落した。

台 49 千徳寺  (16日PM5時50分)
被害なし。お寺に電話がつながらない場合は、携帯へお電話ください。

台 52 朝日寺
山門の瓦が落ちた?というような話を聞いた。また、仏像の破損があったそうです。

台 81 見性寺
九州西教区災害ボランティア委員の台番22如意輪寺さん台番11光國寺さんが現地へ行っているとのこと。

台 89 聖泉院
位牌、古い墓石が倒れた。


4月20日(水)

台 84-2 法輪寺
本堂天井が一部落ちて、壁が落ち灯篭が倒れている。

台 208 曹源寺
本堂外壁が落ち、鐘楼・山門が束石から外れている。また位牌が多数倒れる。


※20日現在で、寺院関係者及び檀信徒の人的被害は報告されておりません。