体験

令和6年度 「私の思い出に残る全国奉詠大会」

 「私の思い出に残る全国奉詠大会」  ~飛騨で御詠歌の花開く~   

都竹隆雄

 平成13年に地元である飛騨で開催された全国奉詠大会が思い出に残っています。

 あの頃は小笠原照道先生が詠鑑で、御詠歌会員が2万人に届くか届かないかの時期ということもあり、全国から大勢の方が飛騨へお越しくださいました。現在のようなオーバーツーリズムもなく、遠方からお越しになった方からも「北アルプスを初めとする飛驒の自然が素晴らしかったです」「御詠歌と観光両方が楽しめました」等の声を聴かせていただきました。会場となった高山市の飛騨世界生活文化センターはその年に新設されたばかりで、気持ちの良いお唱えが出来たのを覚えています。

 私の自坊の支部からは地元で開催されるということで、当時在籍していた全ての会員50名が参加しました。会場には会員の家族や親戚、知人が駆けつけ、奉詠の様子を撮影したり、大きな拍手で応援してくれました。会場は見学自由で近隣の方々が気軽に散歩感覚で来場できたのも良かったと思っています。この大会はもともと浄土真宗が盛んな飛騨の地で臨済宗妙心寺派花園流御詠歌の花が開いた尊い大会でした。

 ご本山での全国大会も魅力的ですが、地方での開催は未知の場所へ出かけられる喜びと、開催地域の盛り上がりがあり、御詠歌の花を咲かせる機会があります。

 今後の全国大会の盛会を祈念申し上げます。

 


 

「私の思い出に残る全国奉詠大会」 ~ディズニーランドへGO!~

惠良真由美

 「奥さん、私たちディズニーランドに行きたいです。」この言葉から始まりました。当時七十、八十歳代の会員さんが多く在籍していた頃でした。「家族での旅行はお留守番ばかりでディズニーランドに行ったことがありません。是非連れていってください。」そういう経緯で第54回全国奉詠大会(東京大会) 会場【東京ベイNKホール】への参加が決まりました。会員の皆さんは御詠歌のお仲間と奉詠しディズニーランドへ行けるとあって大喜びしました。部内の寺庭様方の申し込みも有り合同奉詠という形での参加となりました。それからはお稽古にも熱が入り真剣に取り組みました。お作法も揃えるよう声を掛けあい本番に向けて一生懸命頑張っていました。年齢のこともあり身体のことも気遣い、お互いに普段の生活にも思いやる気持ちが伝わってきました。

 いよいよ本番の奉詠大会、会場には沢山の方々が参加されていましたのでとても緊張した面持ちでしたが、これまでのお稽古の成果を充分に発揮できたのではないか⁉と思います。が、それ以上に無事登壇できたことの嬉しさの方が大きかったと思います。

 楽しみにしていたディズニーランドへも行きアトラクション、ショッピング、ハロウィンパレードにも加わり大はしゃぎ!大満足の様子でした。

 本山での奉詠大会は「有難い気持ちに」地方開催は「楽しい気持ちに」なるとの事でした。どちらにしても、御詠歌を通じて“心をひとつに”共有の時間を過ごせることはとても有難いことだと思います。私自身、現在も人生の大先輩である会員の皆さんとのご縁でたくさんのことを学ばせて頂いております。感謝の一言です。

 

転載厳禁
ページの先頭へ