遠諱の軌跡

平成15年

  • 1月

  • 2月

  • 3月

  • 4月

    • 平成15年4月9日(水)、妙心寺派宗務本所において「遠諱を考える会」が発足、遠諱のあり方などの協議が始まりました。
    • 平成15年4月21日に第1回遠諱準備委員会が開かれ、辞令交付の後、遠諱の流れについて協議されました。
  • 5月

    • 第2回遠諱準備委員会が平成15年5月30日に開催され遠諱大法会の趣旨、遠諱団参、予算、遠諱記念事業、顕彰方法、報恩大攝心、檀信徒教化、今後の進行手順などが協議されました。
  • 6月

  • 7月

    • 第3回遠諱準備委員会が平成15年7月23日に開催され、遠諱大法会予算、遠諱大法会事務局規程、遠諱大法会特別会計規程、遠諱大法会特別賦課金徴収規程、遠諱大法会特別報恩香資徴収規程などが協議されました。
  • 8月

  • 9月

  • 10月

  • 11月

  • 12月

    • 平成15年12月3日に遠諱代表委員会が発足、辞令交付の後、遠諱趣意書、遠諱特別会計規程、遠諱特別報恩香資徴収規程、遠諱予算、遠諱団参法要期間など。遠諱大法会キャッチフレーズ募集などについて協議されました。

平成16年

  • 1月

  • 2月

    • 第2回遠諱代表委員会が平成16年2月13日に開催され、小委員会選任及び内容説明、遠諱キャッチフレーズ、各小委員会分散審議及び委員長会議などについて協議されました。
  • 3月

  • 4月

  • 5月

    • 第3回遠諱代表委員会が平成16年5月11日、12日に開催され、記念事業委員会、団参法要委員会、檀信徒教化委員会、総務広報会計委員会に分かれて協議されました。
  • 6月

    • 平成16年6月29日、30日に第4回遠諱代表委員会が開かれ、9月に開催される定例宗議会に上程する事項を小委員会に分かれて協議されました。
  • 7月

  • 8月

  • 9月

  • 10月

  • 11月

  • 12月

平成17年

  • 1月

  • 2月

    • 第5回遠諱代表委員会が平成17年2月9日に開催され、各小委員会に分かれて協議がなされました。
  • 3月

  • 4月

    • 妙心寺派の各寺院に向けて遠諱大法会特別報恩香資・特別賦課金が告知されました。
  • 5月

  • 6月

  • 7月

    • 170721-9_r.JPG
      「大法会」の駒札が妙心寺南門に設置されました。材料は信越教区・妙覚寺様ご寄贈。静岡西教区・金龍寺様が揮毫。遠諱代表委員会が除幕。
    • 第6回遠諱代表委員会が平成17年7月21日、22日に開催され、遠諱団参、妙心寺展、遠諱予修法要などについて協議がなされました。
    • 170725-3_r.JPG
      妙心寺北門にも「大法会」の駒札が建ちました。
  • 8月

    • 平成17年8月24日、妙心寺展の準備会が宗務本所で開催されました。開催日程の確認、出展品の調査・選定、予算、関連イベント・関連グッズ、出版物・広報、その他について意見交換を行い、今後常に連絡を取り合って情報交換に努めることを確認しました。
  • 9月

  • 10月

    • 第7回遠諱代表委員会が平成17年10月5日に開催され、四つの小委員会に分かれて協議されました。
  • 11月

  • 12月

平成18年

  • 1月

  • 2月

    • 第8回遠諱代表委員会が平成18年2月1日に開催され、「無相大師と妙心寺」ビデオ試写、団参法要の内容、記念事業、教区遠諱法要の持ち方、補正予算などが協議されました。
  • 3月

    • 180312-kitou.jpg
      会中祈祷諷経並びに世界平和祈願会中祈願法要が平成18年3月12日に妙心寺仏殿で開催され、遠諱の無事円成と世界平和を祈願いたしました。
    • CIMG0075_r.JPG
      平成18年3月13日、遠諱団参が始まりました。法堂や微妙殿には五色幕が取り付けられ、花園会館の壁面には懸垂幕がかかりました。また、駐車場から南門周辺には「どう活かす わたしのいのち」と書かれた緑色ののぼりが風になびいて並びました。 さらに、法要会場となる微妙殿には開山無相大師像が安置され、参拝される皆様を見守ってくださいました。
  • 4月

  • 5月

    • 遠諱大法会顧問会議が平成18年5月10日に宗務本所議場で開催され、遠諱概況報告、遠諱法要、報恩攝心についての説明、協力依頼などがありました。
  • 6月

    • 平成18年6月5日 三重教区 賢島宝生苑 講演:花園会本部長「請う其の本を務めよ」・一龍斎貞花さん「無相大師一代記」(参拝者数:700名)
    • kyoku-gifunisi.JPG
      平成18年6月17日 岐阜西教区 長良川国際会議場 講演:教学部長「どう活かすわたしのいのち」(参拝者数:1,800名) 
    • 遠諱大法会参与会議が平成18年6月21日に宗務本所で開催され、概況報告、遠諱法要、報恩攝心について説明や報告などがなされました。
  • 7月

    • 第9回遠諱代表委員会が平成18年7月5日に宗務本所議場で開催され、小委員会での協議、「団参の手引き」作成承認、九州での妙心寺展開催切望などが協議されました。
  • 8月

  • 9月

    • 平成18年9月6日 東北教区 あえりあ遠野 講演:清水寺貫主 森清範師「もったいない」・下村智里さんフルートリサイタル(参拝者数:350名)
    • kyoku-sizuokahigasi.JPG
      平成18年9月28日 静岡東教区 清水文化センター 講演:滝田栄さん「人を動かす力」(参拝者数:1,140名)
  • 10月

    • kyoku-tokyo.jpg
      平成18年10月11日 東京教区 野火止 平林寺 講演:高山礼至さん「禅のしらべ」(アコーディオン) (参拝者数:310名)
    • kyoku-sanyo.jpg
      平成18年10月16日 山陽教区 広島県民文化センター 講演:曹源寺 原田 正澄老大師 「請う其の本を務めよ」・一龍斎貞花さん「無相大師一代記」(参拝者数:600名)
    • 第10回遠諱代表委員会が平成18年10月17日に開催され、4つの小委員会に分かれて協議がありました。
    • 平成18年10月24日 山陰東教区 さざんか会館 講演:一龍斎貞花さん「無相大師一代記」・花園会本部長「請う其の本を務めよ」(参拝者数:280名)
  • 11月

    • kyoku-aitihigasi.jpg
      平成18年11月2日 愛知東教区 豊橋市・壽泉寺 講演:遠諱筆頭副委員長「請う其の本を務めよ」(参拝者数:250名)
    • monchu.jpg
      平成18年11月11日、妙心寺南総門前の緑地帯に門柱型の看板が設置されました。参拝に来られた皆様を「ようこそ」とお迎えし、お帰りの皆様を「またお参り下さい」とお送りします。
    • kyoku-gifuhigasi.jpg
      平成18年11月20日 岐阜東教区 文化創造センターアーラ 講演:オペレッタ「えげん坊」(参拝者数:1,000名)
  • 12月

平成19年

  • 1月

  • 2月

    • kyoku-hyogo.JPG
      平成19年2月10日 兵庫教区 明石市民会館 講演:島田洋七さん「がばいばぁちゃんを素材に」(参拝者数:1,300名)
    • 第11回遠諱代表委員会が平成19年2月15日に開催され、4つの小委員会に分かれて協議がなされました。
  • 3月

  • 4月

    • 「檀信徒一世帯一巻以上の納経」を呼びかける「特別報恩写経推進運動」が平成19年4月1日から始まり、花園会本部から各寺院に「般若心経」「無相大師さまのお言葉」の二種類の写経用紙が配布されました。
    • kyoku-keihan.JPG
      平成19年4月12日 京阪教区 妙心寺法堂 講演:近藤多恵さん・山根ひろみさん「記念コンサート」(ハープ) (参拝者数:400名)
  • 5月

    • 平成19年5月20日 京都両丹教区 京都府中丹文化会館 講演:花園会本部長「請う其の本を務めよ」・すわらじ劇団「伊深の慧玄さん」(参拝者数:1,200名)
  • 6月

    • kyoku-hokkaido.jpg
      平成19年6月12日 北海道教区 定山溪ビューホテル 講演:一龍斎貞花さん「開山無相大師一代記」・花園会本部長「どう活かすわたしのいのち」・花園大学 古橋 エツ子さん「家族のゆくえ:心のケアを考える」(参拝者数:355名)
    • kyoku-saninnisi.jpg
      平成19年6月17日 山陰西教区 平田文化館プラタナスホール 講演:正眼寺 山川宗玄老大師「開山さまのこころ」・すわらじ劇園「伊深の慧玄さん」(参拝者数:800名)
  • 7月

  • 8月

  • 9月

    • 第12回遠諱代表委員会が平成19年9月3日に開催され、4つの小委員会に分かれて協議がなされました。
  • 10月

    • kyoku-sinetu.JPG
      平成19年10月9日 信越教区 飯島・西岸寺 講演:清水寺貫首・森清範師「記念講演」(参拝者数:500名)
    • muso2ban.jpg
      遠諱記念曲として発表される新曲の御詠歌歌詞を募集したところ、120首の応募があり、審査の結果、和歌山教区聖福寺支部西村道代様の作品が最優秀作に選ばれました。平成19年10月22日から妙心寺で行われた全国奉詠大会において、表彰式が執り行われました。
    • 平成19年10月23日 九州東教区 別府ビーコンプラザ 講演:一龍斎貞花さん「開山無相大師一代記」(参拝者数:1,100名)
    • 平成19年10月30日 滋賀北陸教区 ホテルニューオウミ 講演:花園会本部長「請う其の本を務めよ」・西村恵信花園大学名誉教授「人間の尊さについて」(参拝者数:300名)
  • 11月

    • 平成19年11月9日 北関東教区 足利・善徳寺 講演:一龍斎貞花さん「開山無相大師一代記」・花園会本部長「どう活かすわたしのいのち」(参拝者数:300名)
    • kyoku-kyusyunisi.JPG
      平成19年11月20日 九州西教区 久留米・梅林寺 講演:すわらじ劇園「伊深の慧玄さん」(参拝者数:600名)
    • kyoku-sikokunisi.JPG
      平成19年11月26日 四国西教区 三瓶文化会館大ホール 講演:一龍斎貞花さん「開山無相大師一代記」・教学部長基調講演(参拝者数:850名)
  • 12月

平成20年

  • 1月

  • 2月

    • 第13回遠諱代表委員会が平成20年2月6日に開催され、4つの小委員会に分かれて協議がなされました。
  • 3月

    • 平成20年3月16日 沖縄教区 那覇市・都ホテル 講演:一龍斎貞花さん「開山無相大師一代記」(参拝者数:313名)
  • 4月

    • hangzhou.JPG
      平成20年4月17日から23日まで、管長猊下をはじめ、花園会・無相教会本部役員と会員など総勢226名が参加して、「無相大師遺誡を訪ねて~中国杭州の旅」が実施されました。日中仏教音楽交流会では、参加者による御詠歌の奉詠も行われました。
  • 5月

  • 6月

  • 7月

  • 8月

  • 9月

    • DSC_0115_r.JPG
      平成20年9月10日に管長猊下ほか本派議員、役員など10名が妙心寺を出立、13日まで無相大師の生誕地、修行の地など各地を巡拝しました。建長寺、正眼寺、霊閑寺などゆかりの寺院においては、管長猊下導師による法要が執り行われました。
    • 第14回遠諱代表委員会が平成20年9月16日に開催され、4つの小委員会に分かれて協議がなされました。
  • 10月

    • kyoku-miyagifukusima.JPG
      平成20年10月16日 宮城福島教区 瑞巌寺 講演:一龍斎貞花さん「開山無相大師一代記」・内館牧子さん「相撲と宗教」(参拝者数:650名)
    • kyoku-aitinisi.jpg
      平成20年10月28日 愛知西教区 中央大学文化市民会館 講演:五木寛之さん「慈のいのち、悲のいのち」(参拝者数:1,600名)
  • 11月

    • 平成20年11月8日 静岡西教区 菊川文化会館アエル 講演:すわらじ劇園「伊深の慧玄さん」・遠諱筆頭副委員長「請う其の本を務めよ」(参拝者数:1,100名)
    • IMG_0020_r.JPG
      法灯行脚鎌倉コース一行は平成20年11月12日、出立を明日に控えて鎌倉は建長寺様に到着。建長寺宗務総長様と妙心寺遠諱事務局長・堀尾師より激励のお言葉を頂戴いたしました。建長寺様にて宿泊。
    • IMG_0118_r.JPG
      法灯行脚鎌倉コース一行は平成20年11月13日、建長寺管長・吉田老師と相見、午前8時に多くの人々に見送られて出発しました。 午後4時半頃、投宿先である南禅寺派少林寺様に到着。
    • 平成20年11月14日 四国東教区 全日空ホテルクレメント高松 講演:一龍斎貞花さん「開山無相大師一代記」・花園会本部長「請う其の本を務めよ」(参拝者数:550名)
    • 平成20年11月18日 山梨教区 アピオ・ウェディングプラザ甲府 講演:東京大学名誉教授 養老 孟司さん「自分を行ききる、自分は死なないと思っているヒトへ」・一龍斎貞花さん「開山無相大師一代記」(参拝者数:630名)
    • 033_r.JPG
      法灯行脚鎌倉コースは平成20年11月19日、清見寺様にて静岡東教区の役員和尚方の臨席の下、静岡東教区法灯行脚慶讃法要を営みました。斎坐は、うどん供養。午後は初めての休息日となりました。
    • 008_r.JPG
      法灯行脚鎌倉コースは平成20年11月21日、寳泰寺様を午前8時に出発、30分後に臨済寺専門道場へ到着。無底窟老大師のお出迎えをいただき、休憩後に慶讃法要を厳修。臨済寺にて斎坐。午後、大応国師の産湯を汲んだと伝えられる井戸がある大応堂に参拝。安倍川を渡り、心光院様で休憩。誓願寺様を経て投宿先である藤枝市の長楽寺様に到着しました。
    • kyoku-wakayama.jpg
      平成20年11月29日 和歌山教区 紀南文化会館 講演:正眼寺 山川宗玄老大師「開山さまのこころ」(参拝者数:1,208名)
  • 12月

    • 036-1_r.jpg
      法灯行脚鎌倉コースは平成20年12月2日、白林寺様を午前10時に出発、中日新聞社を訪問させていただきました。斎坐は近くの林貞寺様にて。昼食後、海國寺様に戻り午後1時半に行脚再開。午後4時半過ぎに稲沢の圓光寺様到着。尾張温泉にて宿泊。 伊深コースは午前3時40分起床。朝課、粥座の後、霧隠軒老大師から激励のお言葉をいただいて、午前8時に老大師を先達に出発しました。途中では老大師様の辻説法も拝聴、関市内に入り梅龍寺様にてうどん供養をいただきました。東漸寺様にて諷経、岐阜西教区へ入り、珠泉院様にて投宿いたしました。
    • egen-bou.jpg
      平成20年12月6日、花園会全国大会が、京都国際会館大会議場において盛大に実施されました。館長猊下ご導師による遠諱法要のほか、西川きよし氏の講演、遠諱のために作成された狂言「伊深の里のえげん坊」の上演などが行われました。
    • 036-2_r.jpg
      法灯行脚鎌倉コースは平成20年12月9日(火)、午前8時に出発。大津の地福寺様で昼食をいただき、お世話役が滋賀北陸教区から京阪教区へバトンタッチされました。午後、月心寺様でごま豆腐をいただく。その後、山科の崋山寺様に到着、愚堂国師の塔所に拝塔しました。行脚を終えて、御陵(みささぎ)から地下鉄とバスを乗り継いで円町法輪寺様へ向かいました。
    • 009_r.JPG
      法灯行脚は平成20年12月10日(水)、午前9時に法輪寺様を出発。バスと地下鉄を乗り継いで御陵(みささぎ)へ戻り、行脚再開です。蹴上を通って南禅寺前を通過。伊深コース組、本日から参加した方々を含めると総勢20名以上となり、草木法衣店さんと森嶋法衣店さんに分かれて昼食をいただきました。大徳寺様では宗務総長様のお出迎えをいただき、大燈国師様に拝塔いたしました。
    • SANY0718.jpg
      法灯行脚は平成20年12月11日(木)、ついに妙心寺へ到着しました。南門で管長様をはじめ宗派を代表する皆様方の門迎をいただきました。洛西花園幼稚園の園児さんたちも正装で並んでお出迎え。時間を経るごとに、お迎えの人々が湧き出してきます。南門から経蔵・法堂前まで、参道の両側は人で埋め尽くされました。みなさんの温かいお気持ち、650人でのお出迎えにも等しい、本当にたくさんの方々お出迎えありがとうございました。

平成21年

  • 1月

    • tokyoten.jpg
      平成21年1月20日、「妙心寺展」が東京国立博物館で開幕しました。開幕前日に行われた式典では、裏千家大宗匠による献茶、管長猊下ご導師による開山無相大師・花園法皇の安座法要を執り行い、引き続き、開会式と内覧会が約1000人の参加者を迎えて行われました。
    • 第15回遠諱代表委員会が平成21年1月27日に開催され、4つの小委員会に分かれて協議がなされました。
  • 2月

    • 遠諱大法会顧問参与会議が平成21年2月4日に宗務本所議場で開催され、概況報告などがありました。
    • CIMG0073_r.JPG
      法務部は、春・秋期集中遠諱団参において法式梵唄講師適任者に、維那・両班などの配役についてもらうため、平成21年2月27日に花園会館や法堂において集中遠諱団参法要習儀を行いました。
  • 3月

    • 第16回遠諱代表委員会が平成21年3月4日に開催されました。
    • shodoten.JPG
      平成21年3月5日、遠諱記念作品コンテスト「書道部門」の入賞作品選考会が行われました。幼児・小学1~2年生の部「こころ」、小学3~4年生の部「開山さま」、小学5~6年生の部「花園の春」、中学生の部「七堂伽藍」、高校生の部「請う其の本を務めよ」の入賞作品が決定しました。
    • kyohhaku.jpg
      平成21年3月24日、京都国立博物館で「妙心寺展」が開幕しました。前日は管長猊下ご導師による無相大師・花園法皇の安座法要が執り行われた後、開会式とプレビューが行われました。開会式には、管長猊下はじめ有馬頼底京都仏教会理事長ほか約750名が参列して、開幕を祝いました。
    • CIMG1225_r.JPG
      平成21年3月26日、九州西教区を皮切りに春季集中遠諱団参が始まりました。参拝者は法堂に入られ、法要説明、法話を聴いて坐禅を実施。その後、布薩会(加行)、遠諱法要を行いました。
    • CIMG1109_r.JPG
      春秋の集中遠諱団参に参拝された花園会館宿泊者を対象に、教化センター主催による「禅トーク・ウォーク」が行われました。日頃、なかなか時間をかけて観ることができない妙心寺山内をゆったりと拝観してもらおうというもので、午前6時と午後4時半の2回実施しました。開山堂、大庫裡の見学のほか、ミニ法話、坐禅体験などもあり、参加者には好評でした。
  • 4月

    • CIMG1298_r.JPG
      3月26日から始まった春季集中遠諱団参が、4月12日に無事修了しました。247団体、のべ23,537人の方々が参拝されました。
  • 5月

  • 6月

    • IMG_1399_r.JPG
      平成21年6月3,4日、法堂において妙心寺第三祖無因宗因禅師の600年遠諱法要が執り行われました。法要にあわせ、清水寺貫主森清範師による「観音のこころ~梵心」と題する記念講演と、東儀秀樹氏ほかによる記念演奏が行われました。
    • 第17回遠諱代表委員会が平成21年6月4日に開催されました。
    • zenjiden.jpg
      平成21年6月30日、西宮市の本派順心寺住職廣田宗玄師による『関山慧玄禅師伝』が春秋社より刊行されました。これに先立って、本派の全ての有住寺院に同書が送付されました。無相大師に関する資料をわかりやすい現代語訳にしてまとめた労作として、高く評価されています。
  • 7月

    • IMG_1769_r.JPG
      平成21年7月16,17日、法堂において妙心寺第五祖義天玄承禅師550年遠諱法要が執り行われました。遠諱役員、公職者代表、塔頭寺院、龍安寺関係者など約500名が参列し、法要後には管長猊下からの御垂訓をいただきました。
    • 第18回遠諱代表委員会が平成21年7月17日に開催されました。
  • 8月

  • 9月

    • CIMG1521_r.JPG
      平成21年9月27日~29日の三日間、妙心寺派17専門道場、他派13専門道場から老大師をはじめ280余名が一堂に会して、雲衲報恩大接心が実施されました。管長猊下による講座のほか、参禅、托鉢等が行われ、托鉢の所得は「おかげさま献金」に寄託されました。
    • douhyou.JPG
      妙心寺南総門前の丸太町通り沿いに「大本山妙心寺」道標が建立され、平成21年9月30日に除幕式が行われました。高さ6メートル、材質は御影石で、「大本山妙心寺」の文字は雪香室管長猊下によって揮毫されました。
  • 10月

    • 200910baiten_r.JPG
      平成21年10月1日、東北教区を皮切りに秋季集中遠諱団参が始まりました。
    • nagoyasi.jpg
      東京国立博物館と京都国立博物館で開催された「妙心寺展」には、予想を上回る延べ25万人以上の方々が来場されましたが、これに続いて平成21年10月10日から11月23日まで、名古屋市博物館において、東海・中部地方の寺院・施設に保存されている宝物も加えた「妙心寺展」が開催されました。
    • CIMG1687_r.JPG
      平成21年10月1日、秋季集中遠諱団参が修了しました。この期間は、新型インフルエンザの流行や、台風18号の接近による影響などが心配されましたが、大きな事故もなく無事に最終日を迎えることができました。秋季の参拝者は、266団体、20,902人となり、春季の参拝者をあわせると、513団体、44,443人の方々がお参りされました。
  • 11月

    • houon.jpg
      平成21年11月6日~8日の三日間、一般寺院僧侶、各寺院の坐禅会々員、本山大衆禅堂会員など292名が参加して、一般寺院・檀信徒報恩大接心が実施されました。期間中、管長猊下による『碧巌録』提唱、正眼寺霧隠軒老大師による公開講座が行われました。
  • 12月

    • photocon.jpg
      遠諱記念作品コンテスト「写真部門」には、全国各地から妙心寺に関連するテーマを扱った写真を多数お送りいただきました。平成21年12月2日、管長猊下を審査委員長として厳正なる審査を行った結果、29点の作品が入賞し、静岡県の長島宗深様の作品が最優秀作品に選ばれました。

平成22年

  • 1月

    • kyu-haku.jpg
      東京国立博物館、京都国立博物館、名古屋市博物館を巡回してきた「妙心寺展」の最後を飾る九州国立博物館での「妙心寺展」が、平成22年1月1日に開幕しました。2月28日までの会期中、妙心寺とその関連寺院・施設に伝わる至宝のほか、九州・沖縄の妙心寺派寺院が所蔵する禅画、仏像など計124件が展示されました。
  • 2月

    • 大法会事務局は、平成22年2月9日に第20回遠諱代表委員会を開催、団参最終報告、全体的反省点及び意見、九州国立博物館「妙心寺展」について、各種コンテスト、写経、会計中間報告、組織図、記録本の制作などの報告や協議が行われました。