妙心寺
妙心寺案内③
~半日コース~

[8]桂春院(拝観料400円)


開祖は妙心寺七十三世の水庵宗掬(すいあんそうきく/心華霊明禅師)。慶長3年(1598)、津田秀則(つだひでのり)により創建され、見性院(けんしょういん)と称していた。一説に石川貞政(さだまさ)が見性庵を創建して桂南守仙(けいなんしゅせん)を開祖としたという。寛永(かんえい)8年(1631)に貞政が本堂を再建したとき、両親の法号にちなんで桂春院(けいしゅんいん)と改号し、またこのおり、近江(おうみ/滋賀県)長浜(ながはま)城から茶室、書院等を移建している。現存の方丈(ほうじょう)は当時のものである。「無明慧性墨蹟(むみょうえしょうぼくせき)」(重文)を有する。

桂春院の地図



(広域を見る|詳細を見る)










[9]妙心寺案内③に戻る
[0]表紙に戻る

(C)Myoshinji Temple.