宗務本所
トップ宗務本所妙心NOW!

妙心NOW!

2014年10月2014年9月2014年8月2014年7月2014年6月2014年5月2014年4月2014年3月2014年2月2014年1月2013年12月2013年11月2013年10月2013年9月2013年8月2013年7月2013年6月2013年5月2013年4月2013年3月2013年2月2013年1月2012年12月2012年11月2012年10月2012年9月2012年8月2012年7月2012年6月2012年5月2012年4月2012年3月2012年2月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月2011年6月2011年4月2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月2010年5月2010年4月2010年3月2010年2月2010年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月2009年8月2009年7月2009年6月2009年5月2009年4月2009年3月2009年2月2009年1月2008年12月2008年11月


またも亀!

池の近くを歩く時は必ず何かないかなと、つい見てしまいます。
そうしたら、前にも撮ったカメ(前回登場してくれたカメではありませんが)が
今度はこちらをじ~っと見ているではありませんか。
カメラ目線のカメ・・・。
すべてを見透かされているような、立派なカメでありました。


kame.JPG

2010/11/30|投稿者:-


~秋空~

「そ~ら空みろ、そらそら空・・・。」
雲ひとつない秋の空。
何だかスカーーーっとしますね。

開山さま(無相大師)もこの空をみていられたのだと思うと、
何だか近くにいらっしゃるように思います。

おもわず合掌合掌

DSCN2799.JPG

2010/11/26|投稿者:-


鬼瓦

こちらは法堂の一番てっぺんの瓦です。
スゴイ形相です。まさに修行中はこんな感じになっているのではないでしょうか。
『新到三年白歯を見せず・・・』という言葉が思い出されます。
またそれぞれのお寺の瓦もいろんな表情もあります。
探して見ては?
そういう見方、楽しみ方もありますよ。

DSCN2867鬼瓦.JPG

2010/11/25|投稿者:-


漬ける

前々回のブログでも紹介した龍門寺に、私も行って来ました。
なんとそこでは、漬け物作りの真っ最中。
都会ではなかなか見ることのできない貴重な一枚(?)です。
この日が安居会最終日。雨も上がり、参加者の心を表しているかのような日でした。


DSCN2859つけもの.JPG

2010/11/24|投稿者:-


紅葉

ここ数年、異常気象だなと思いますが、自然界ではどうなんでしょう。
いくら暑くても寒くても芽を出し、葉をつけ、実をつけ、
いつもと変わらない姿を私たちに魅せています。
私も見習わないといけません。どんなことでも、当たり前にする。
普通にすることが簡単なようで難しいんですね。
これは山内の長興院さまです。
雨が降っていて少し紅葉が落ちているのが気になりますが・・・。


DSCN2786もみじ.JPG

2010/11/22|投稿者:-


龍門寺本派安居会

平成22年11月17日(水)~23日(火)
一週間、17名の履修者で骨を折り、研鑽されています。
この写真は、龍門寺の禅堂です。
ここの禅堂は、単が高くて珍しいです。

DSCN2775.JPG

2010/11/19|投稿者:-


はっとうのまえのはと

こんにちは~!!
段々寒くなり、日が暮れるのも早くなりました。
今日も妙心寺にハトがいました。
「ハッ、法堂の前にハト。これは撮らないと。」
と思い、パシャリ・・・。

DSCN2779.JPG

2010/11/18|投稿者:-


小松さん

妙心寺には多くの松が植えられております。
「臨済裁松」といいまして、臨済宗の開祖、
臨済義玄禅師は好んで松を植えられました。
こういう小さい松も百年・二百年・・・と育ち、
そして法(教え)も脈々と受け継がれていくのです。

かわいいですよね。是非探して見てください。

DSCN2773.JPG

2010/11/16|投稿者:-


放生池

妙心寺・玉鳳院の前にある池を放生池といいます。
今、池の水が、かなり減っています。
生きものを放す池といいますので、
多くの生きもの(カメさん・コイさん等)が住んでいます。
心配ですね・・・。

DSCN2770.JPG

2010/11/15|投稿者:-


南門

南門入ってすぐのところです。掃除の後が気持ちいいくらいきれいですね。
悲しいことにこういうところに気づかずに踏んで(入って)しまう方も実際におられます。
もみじなどの紅葉もよいですが、やはりここは禅宗のお寺。
心静かに見るのではなく、観て、肌で感じてみては。


画像南門.jpg

2010/11/12|投稿者:-


花園法皇忌

11月10日午後1時から宿忌、本日11月11日午前10時から半斎が法堂で厳修されました。
また、本日9時からは玉鳳院において、藪内家流家元による献茶式が行われました。
私もお茶をいただき、とてもおいしかったです。
毎年行われておりますので、折りに触れてお参りください。

DSCN2754.JPG

2010/11/11|投稿者:-


特別拝観

そろそろ紅葉が本格的になってきますね。山内寺院の大法院さまのお庭です。
このお寺では春と秋に特別拝観をやっています。
この他にもいくつかございますので、そちらの方にも足を運んでみてはいかがでしょうか。
ちなみに私も学生時代にこちらのお寺に手伝いに行ったものです。
時が経つのが早い・・・。

DSCN2788大法院.JPG

2010/11/10|投稿者:-


配達

山内の各寺院に配達中です。
妙心寺には多くのお寺があるので、お寺の名前を知らないと仕事になりません。
境内寺院だけで38ヶ寺!名前と場所を覚えるだけでも大変です・・・。
お寺にバイク。なんとも不釣り合いな感じがいたします。

DSCN0152配達.JPG

2010/11/09|投稿者:-


何点??

妙心寺・浴室(明智風呂)の横に立派な南天発見!!
南天は難転とも言われ、災い・難を転じてくれるものです。
庭によく植えられていますので、機会がありましたらご覧下さい。
ところで、この写真何点ですか??

DSCN2739.JPG

2010/11/08|投稿者:-


「薪作務」

妙心寺の塔頭 天授院の雲水さん(修行僧)が作務をしていました。
薪を切って風呂を沸かしたり、料理する時に使うそうです。
雲水さんに無理をいって撮らせていただきました。
修行の邪魔をしてすみません。

DSCN2736.JPG

2010/11/05|投稿者:-


秋晴れ

だんだん朝夕の冷え込みが身にしみてきましたが、
日中はすがすがしいお天気です。
山門の朱と空の水色、松の緑がきれいでした。
散歩されてる観光客の方も結構おられました。
こういうのをのんびり眺めて歩くのもいいものですよ。

DSCN2771秋晴れ.JPG

2010/11/04|投稿者:-


インターン


このブログでもご紹介済みですが、この7月新たに9名の布教師のたまご和尚さんが誕生いたしました。布教師とは、お説教(法話)をする和尚さんのことです。

現在その9人が、交代でほんじょにやってきます。
全国を巡り歩いて布教をする「巡教師」を目指しての勉強のためです。
カミくんやhottyくんのように、教化センター研究員のインターンとして修習します。

そのインターンのみなさんが、プライベートの移動手段として共同で購入した自転車。
今後、この真新しい自転車は、代々のインターンへ連綿と受け継がれていくのでしょう。
機動力は上がりましたが、名前がねぇ・・・。


20101102.jpg

2010/11/02|投稿者:-


垂示(すいじ)


以前にもご紹介したことのある、垂示式(すいじしき)が行われ、2名のフレッシュな僧侶が誕生しました。

今後のご活躍を期待致します。

20101101.jpg

2010/11/01|投稿者:-


2014年10月2014年9月2014年8月2014年7月2014年6月2014年5月2014年4月2014年3月2014年2月2014年1月2013年12月2013年11月2013年10月2013年9月2013年8月2013年7月2013年6月2013年5月2013年4月2013年3月2013年2月2013年1月2012年12月2012年11月2012年10月2012年9月2012年8月2012年7月2012年6月2012年5月2012年4月2012年3月2012年2月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月2011年6月2011年4月2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月2010年5月2010年4月2010年3月2010年2月2010年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月2009年8月2009年7月2009年6月2009年5月2009年4月2009年3月2009年2月2009年1月2008年12月2008年11月