宗務本所
トップ宗務本所妙心NOW!

妙心NOW!

2014年10月2014年9月2014年8月2014年7月2014年6月2014年5月2014年4月2014年3月2014年2月2014年1月2013年12月2013年11月2013年10月2013年9月2013年8月2013年7月2013年6月2013年5月2013年4月2013年3月2013年2月2013年1月2012年12月2012年11月2012年10月2012年9月2012年8月2012年7月2012年6月2012年5月2012年4月2012年3月2012年2月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月2011年6月2011年4月2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月2010年5月2010年4月2010年3月2010年2月2010年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月2009年8月2009年7月2009年6月2009年5月2009年4月2009年3月2009年2月2009年1月2008年12月2008年11月


花園会 青年の集い

花園会主催の「青年の集い」が行われました。

キッサコのコンサートは、感激しました。
みなさんで応援したいと思いました。

さらには、松竹芸能の「代走みつくに」さん。
花園大学卒の、将来有望な芸人さんです。

CIMG3081.jpg

2008/11/29|投稿者:-


作務着

教化センター研究員のAさんが、新しい作務着を支給されたとのことで、早速身につけて出勤されました。
左胸に「妙心寺派宗務本所」との刺繍が入っています。

SANY0692.jpg

2008/11/28|投稿者:-


妙心寺展 東京開催のポスター

来年1月20日からの、「妙心寺展」東京国立博物館版のポスターが、宗務本所に張り出されました。
大きなポスターに目が引かれます。
いよいよ本番間近!気運があがって参りました。

CIMG3055.jpg

2008/11/27|投稿者:-


安居会無事円成

DSCF1869.jpg

2008/11/26|投稿者:-


安居会無事円成

DSCF1869.jpg

2008/11/26|投稿者:-


掲示伝道花園会館前

この連休ですっかりと色づきました。


雨風の
恩を染め出す
紅葉かな

SANY0694.jpg

2008/11/25|投稿者:-


日本シリーズ

先日の「日本シリーズ」の最中、球場の広告に「花園大学の名前を見た」とのウワサがありました。

このたび富士山の和尚さんより、めずらしい写真を頂きました。
どうやって写されたのでしょうか、バッチリのタイミングですね。

P1030987s-.jpg

2008/11/22|投稿者:-


花園高校宗教科授業

花園高校では、宗教科の授業が定期的に行われています。
今日は、1年生を対象に講話の時間が持たれました。

各学年に三つのコースがありますが、コースごとに分かれての聴講です。
生徒は全員が坐を組んで30分の話を聴きます。
皆熱心に聴いて頂けるので、話す側も真剣です。

さすがに仏教の高校だなぁ、などと独り言を言いながら気持ちよく下校致しました。

SANY0693.jpg

2008/11/21|投稿者:-


教区寺庭婦人会長会

「寺庭」とは、寺院を護る女性のことです。
多くの方は、ご住職の妻です。

本日午後から明日午前中まで、全国27教区より、それぞれの教区(妙心寺派で地域分けした全国の各ブロック)の、寺庭婦人会長さんが一同に参集されました。

開会式では東海大光管長さまよりご挨拶をいただきました。
「みなさんがご本山に来られるには、それぞれのお寺でご住職にお留守番をして頂いているからですね。まぁ、それもたまには良いのかもしれませんね」とのお言葉に、思わず「わっ」と会場が沸きました。(写真)

緊張の中にも、和気が感じられます。
さすがに、寺庭婦人会の会長さんのカンロクでしょうか。

IMG_0139.jpg
写真と報告:編集室 s人

2008/11/20|投稿者:-


団参最盛期

毎日2座から3座の団参(本山団体参拝)が続きます。

京都も、いよいよ紅葉シーズンとなり、団参にはたいへん適した時節ですね。
本日は早朝7時の団参には、北海道教区の観音寺さん・東北教区の臨江庵さんの参拝団がおみえになりました。また、14時には、静岡東教区第5部の方々200名の大参拝団が上山され、微妙殿も賑やかな法要となりました。

団参を企画する立場になると、いろいろと苦難がありますが、このように多くの人に参加頂くとやりがいがありますね。たいへんうらやましく思いました。

SANY0678.jpg

2008/11/19|投稿者:-


紅葉

妙心寺の駐車場から山内に向かう途中、長興院さんの紅葉です。
ずいぶんと色づいてきました。

SANY0672.jpg

2008/11/18|投稿者:-


今月の南門掲示伝道


掃けば散り
払えばまたも塵つもる
人の心も
庭の落葉も

SANY0659.jpg

2008/11/17|投稿者:-


秋色新たなり

SANY0665.jpg

2008/11/15|投稿者:-


振り返らず 仰ぎ見ず

鎌倉にての見送りの帰路は、すばらしい富士山に巡り会えました。
開山さまは、大燈国師に見えんとする意志の強さから、この絶景を仰ぎ見ることなく京へ向かったということです。
新幹線から見る富士の山は、早くも冬支度。
本隊がこれを見るのは、小田原あたりか。

SANY0656.jpg

2008/11/14|投稿者:-


出発

建長寺の管長さま始め、各役職のみなさま方、また細川宗務総長を先頭に遠諱局のみなさまに見送られ、法燈行脚がいよいよスタートしました。

道中のご無事をお祈りいたします。

SANY0123.jpg

2008/11/13|投稿者:-


キャラバンカー

13日から行われる法灯行脚(ほうとうあんぎゃ)の前線基地になるキャラバンカーが到着しました。
今日は、スタート地点である鎌倉へ向けて移動します。
このキャラバンカーを見かけましたら、行脚隊がみなさまのそばにいますのでご声援よろしくお願い致します。

SANY0507.jpg SANY0509.jpg

2008/11/12|投稿者:-


法皇忌

写真がぶれてしまい申し訳ありません。
なにしろ法堂(はっとう)が暗いものですから・・・。

11月11日は法皇忌です。
朝7時からの献粥(玉鳳院)、9時からの献茶式(同所)に続いて10時より法堂にて半斎です。
法皇忌は、拝を行いません。
ですから普段の毎斎忌に比べますと、何か物足りない気もします。

御供えも、いろいろなものがありますね。
ひとつひとつ、管長さまが供じられ須弥壇(しゅみだん)の上に運ばれます。

この後、斎座(昼食)となるのですが法皇忌の斎座には決まって、白味噌の納豆汁がでます。
わたしにとっては「初めての不思議な味」でしたが、おいしかったぁ。

SANY0506.jpg
記事と写真:jo忍

2008/11/11|投稿者:-


参仏

洛西の花園幼稚園にやって参りました。頂いたお茶を啜っていると、園児が覗いては「三人きた~」と、肌寒く成ってきた園庭を短パンで走り回っておられます。秋は風音を聞いて吾身の無常を観ず(智度論)と言いますが、園児達の元気な声に、こんな時期が有ったはずと吾身の無常を思う:。程なくして小川師の法話、うけてますね。しかし子供達の頑張れの声援は勇気付られます、純真なこころから出てくる働きは皆、菩薩の働きがあるのでしょう。


SANY0452.jpg

記事:教化センター研究員修習生 横関

2008/11/10|投稿者:-


土曜日

教学部長から頂いた福山市のお菓子です。

和菓子屋さんがシャレで作られたようです。
見れば見るほど、たこ焼きに見えてきます。
ソースはチョコレート、青のりはパウダー。
シュークリームとしても、かなりグーでした。

SANY0414.jpg
写真と記事・Jo忍

2008/11/08|投稿者:-


奉仕団参

今日は愛知西教区第10部の方々が、奉仕団参に来られました。
まことにありがとうございます。

「はぁい、それでは庭の苔が痛まないように、そっとゴミを拾って下さぁい」
係の方のご案内で、奉仕作業が進みます。
観光では「立ち入り禁止!」と断られるところまで、奉仕で入れるのがこの団参の楽しみですね。

SANY0435.jpg
記事と写真:Jo忍

2008/11/07|投稿者:-


無相教会 全国奉詠大会

2008110514390000.jpg
ケータイ写真:祥雲寺・永田一宏

2008/11/06|投稿者:-


曝涼展

11月3~4日は、恒例の「曝涼(ばくりょう)展」が、大方丈にて行われました。

「曝涼」とは、広辞苑によると【夏または秋に平素収納している図書・衣類・諸道具などを日にさらして風を通すこと。虫干し。】とされています。

妙心寺の虫干しは、「関山号」や「花園法皇御宸翰」などが、ガラス越しではなく直接手に取るように見ることができます。はっきり言って「ここまでやっていいのかぁ!」というくらい、親しく宝物に触れることができます。(実際に手に触れることはできませんよ!)

多くの観覧者を案内するのは、普段見慣れた御用達会の方々でした。
来年は、「妙心寺展」がありますので、曝涼展はお休みだそうです。


SANY0426.jpg

写真と記事:Jo忍

2008/11/05|投稿者:-


開山堂敷瓦工事

敷き瓦を一枚一枚一ミリも違わぬよう綿密にかつ丁寧に作業される職人さん。いい仕事してます。
トントントントントントントントントン......と瓦と木槌の妙なる調べが、微笑塔一帯に響きわたっていました。
敷き瓦も開山さまゆかりの岐阜産だと聞いています。
開山さまも垣根の土塀や、敷き瓦がきれいになっていく様子に、にっこり微笑んでいらっしゃるようです。


SANY0412.jpg

記事・写真 教化センター研究員修習生 柳原・関守

2008/11/04|投稿者:-


2014年10月2014年9月2014年8月2014年7月2014年6月2014年5月2014年4月2014年3月2014年2月2014年1月2013年12月2013年11月2013年10月2013年9月2013年8月2013年7月2013年6月2013年5月2013年4月2013年3月2013年2月2013年1月2012年12月2012年11月2012年10月2012年9月2012年8月2012年7月2012年6月2012年5月2012年4月2012年3月2012年2月2011年12月2011年11月2011年10月2011年9月2011年8月2011年7月2011年6月2011年4月2011年3月2011年2月2011年1月2010年12月2010年11月2010年10月2010年9月2010年8月2010年7月2010年6月2010年5月2010年4月2010年3月2010年2月2010年1月2009年12月2009年11月2009年10月2009年9月2009年8月2009年7月2009年6月2009年5月2009年4月2009年3月2009年2月2009年1月2008年12月2008年11月