概要

かつて、風呂の沸かされた合図の鐘が、春日局によって建立されていましたが、火災によって焼失してしまいました。

近年、京都の東山仁王門の信行寺にあった鐘楼を譲り受け、移築したのが現存のもので、これも春日局が塔頭の麟祥院に寄進したものだったといわれます。

創建 天正15年(1587年)
※現在の建物は
明暦2年(1656年)
指定 重要文化財
拝観料 大人 :500円
中学生:300円
小学生:100円
団体割引(30名以上)
大人450円、中学生270円
拝観時間 13:00~15:40
※11月~2月
13:00~16:40
※3月~10月
20分間隔にてご案内

関連情報

  • 浴室外観
  • 明智風呂
  • 明智風呂のかまど
  • 浴室内部より