概要

開祖の悟渓禅師は尾張の人です。

ある暑い夏の日、悟渓禅師は法友とともに琵琶湖畔を行脚していました。
暑さに耐えかねた法友たちは琵琶湖で水浴にこうじましたが、悟渓禅師は「徳分を児孫に残そう」と身体を拭くに止められたと伝えられます。

爾来、東海派の寺院は、水に不自由しないと伝えられています。
「徳の悟渓」と讃えられる所以です。

創建
文化財など
拝観 一般公開は
しておりません