境内案内

三門(さんもん)

慶長4年の建立。境内で唯一の朱塗りの建物です。 三門には空・無相・無作という、禅の境地による解脱の意味が託されています。 三門(さんもん)

大方丈(おおほうじょう)

江戸時代の建立です。仏事行事を勤める際、出頭される和尚さんの控えの間、食事の場となる大広間です。 大方丈(おおほうじょう)

仏殿(ぶつでん)

江戸時代の建立です。妙心寺の本堂で本尊さまにお釈迦さまを祀ります。 この釈迦像は蓮華を拈じるお姿をされています。 仏殿(ぶつでん)

境内のご案内

「妙心寺山内図」が記載されたパンフレットを、1部10円(税込)にて販売をしております。お求めの際は、北総門、南総門、脇参道近くの案内所へお立ち寄りください。

法堂(はっとう)

江戸時代の建立です。今日でいう多目的ホールです。 仏像は安置されず、住持による法座や坐禅が行われます。 法堂(はっとう)

開山堂(かいさんどう)

室町時代の建立です。微笑塔と呼ばれています。 妙心寺山内で最も古い建物で、妙心寺の開山、無相大師を祀るお堂です。 開山堂(かいさんどう)

経蔵(きょうぞう)

江戸時代の建立です。『一切経』が、中央に八角の輪蔵に納められています。 正面には輪蔵の考案者である傅大士の像が祀られています。 経蔵(きょうぞう)

庫裡(くり)

江戸時代の建立です。切妻造の妻入です。 屋根はこけら葺き。二つの煙だしが並んで見えます。 庫裡(くり)

浴室(よくしつ)

江戸時代の建立です。明智風呂と呼ばれています。明智光秀の菩提を追善するために建立されました。 浴室(よくしつ)

玉鳳院(ぎょくほういん)

江戸時代に改築されました。 玉鳳禅宮とも呼ばれています。 妙心寺の開基、花園法皇さまの御殿としての形式を伝えています。 玉鳳院(ぎょくほういん)

勅使門(ちょくしもん)

桃山時代の建立です。 平生は閉じられていますが、妙心寺住持の入山・晋山時に新住職はこの門より入られます。 勅使門(ちょくしもん)

龍泉庵(りょうせんあん)

龍泉派の本庵。 開祖は妙心寺10世、景川宗隆禅師です。 妙心寺の四本庵の中で最初に創建された塔頭です。 龍泉庵(りょうせんあん)

東海庵(とうかいあん)

東海派の本庵。開祖は妙心寺十一世、悟渓宗頓禅師です。 龍泉庵の次に創建された塔頭で、両者の寺号には「院」ではなく「庵」とつけられています。 東海庵(とうかいあん)

聖澤院(しょうたくいん)

聖澤派の本庵。創建開祖は、妙心寺十八世の天蔭徳樹禅師。 勧請開祖は十三世の東陽英朝禅師です。 聖澤院(しょうたくいん)

霊雲院(れいうんいん)

霊雲派の本庵。創建開祖は、妙心寺二十五世の大休宗休禅師です。 勧請開祖は妙心寺十二世の特芳禅傑禅師です。 霊雲院(れいうんいん)