行事案内

催し物

第7回もうひとつの駅伝~花園禅塾

「手を把って共に行く」


img5_r.jpg 昨年もお世話になりました。妙心寺派花園禅塾です。

 花園禅塾は、大学と高校に通う男子学生約40名が共に生活を する学生寮です。一般的な下宿とは違って、大学生活の内2年間、 僧侶を目指す学生がその基礎を学ぶ場であります。また、法要以外にも僧侶としてのたいせつな使命があることを学んでほしい という思いをもってあらゆる活動も行っております。そのひとつが駅伝です。

 この駅伝は、2005年1月に2年間の塾生活を終え、卒塾の思い出に、当時約30名が京都市内を一本のタスキでリレーしたことに始まります。一本のタスキが人から人へとつながる、そしてアンカーがゴールした瞬間、一本のタスキによって全員の心がひとつに繋がったのです。そしてそれ以降、昨今のいじめ問題、家族の崩壊、人を殺める、自分自身を殺めるなど痛ましい事件を見聞きし、人と人、こころとこころのつながりをたいせつにしたいというメッセージを発信する機会として、宗派や地域、世代を超えて寺院・神社、保育園から大学までの学校関係、地域の皆さんに御協力をいただいて継続させていただいております。前回は、記念駅伝として「東海道53次~京都市内一周~奈良東大寺へのゴール」で多くの御縁をつなぎ、無事成し遂げることができました。ありがとうございました。

img6_r.jpg また、今年ほど多くの方々が人とのつながり、いのちの結びつき「絆」を強く感じた年はないでしょう。3月11日の東日本大震災によって
多くの方が悲しい思いをしておられる中、私たちにも何かお役に立てることはないかと学生たちと5月・8月・11月と現地へ赴き、わずかながら復興へ向けてのお手伝いに行ってまいりました。今まで多くの方が寄せていただいたタスキをかけて活動いたしました。まだまだ復興には時間がかかります。一日も早い復興を祈り、今後も継続して支援を続けて行きたいと思っております。

 「手を把って共に行く」のスローガンのもとこころをひとつに「絆」を深める行事として 駅伝に御協力いただきますようお願い申しあげます。

平成23年12月吉日

妙心寺派宗務総長 松井宗益

妙心寺派教学部長 栗原正雄

花園禅塾塾頭 羽賀浩規


(↓画像上にカーソルを移動してクリックすれば、大きな画像がポップアップします↓)
Taro-ekiden-poster_r.jpg
Taro-7thekiden-root_r.jpg
タスキ御協力地~本コース合流

A/下鴨神社[12:30] B/浄土宗総本山誓願寺[11:30] C/清水寺[11:20] D/東本願寺[10:45] E/西本願寺[11:00] F/東寺[10:15]

駅伝コース(タスキ回収コース)※到着予想時刻

1妙心寺南門[9:00]
2妙心寺北門[9:05]
3仁和寺[9:25]
4広沢の池[9:40]
5大覚寺[9:55]
6天龍寺[10:10]
7松尾大社[10:30]
8わかさスタジアム[11:00]
9西大路五条[11:10]
10西大路九条[11:25]
11十条大宮[11:40]←F東寺
12陶化橋[11:55]
13東福寺[12:10]
14智積院[12:25]←D東本願寺・E西本願寺
15建仁寺[12:40]←C清水寺
16知恩院[12:55]←D誓願寺
17平安神宮[13:05]
18南禅寺[13:25]
19銀閣寺[13:45]
20知恩寺[13:55]←A下鴨神社
21相国寺[14:15]
22御所南門[14:30]
23二条城正門[14:45]
24晴明神社[15:05]
25今日庵・不審庵[15:20]
26大徳寺[15:35]
27金閣寺[15:45]
28北野天満宮[16:05]
○ゴール花園大学[16:45]
※到着予想時刻は目安ですので、多少の変更があります。