妙心寺について

高浜原発及び伊方原発の再稼働に関する総長談話

 今回の関西電力高浜原子力発電所及び四国電力伊方原子力発電所の再稼働を事実上認める判決については、まことに残念な決定であり強く遺憾の意を表わすものであります。
 「二度と福島のような事故を起こしてはならない」という声は届かなかったのでしょうか。事故後6年を経てもなお収束の道筋は見えていません。この現状を前にしながら、人のいのちを守り豊かな自然を残していくという選択が得られなかったことは誠に残念でなりません。
 我々妙心寺派教団は、「原子力発電に依存しない社会の実現」を宣言いたしております。今後も実現に向け、私たち一人ひとりが「知足(足るを知る)」の教えを実践し、持続可能な共生社会を作るためにさらなる努力をしてまいります。

                                                                   2017年4月6日
                                                      臨済宗妙心寺派 宗務総長 栗原正雄